<< ダイエットするかな? | main | 宅地建物取引業法35条 重要事項説明書 4 >>

宅地建物取引業法 第35条 重要事項説明書3

0
    宅地建物取引業法 第35条 重要事項説明書3

    重要事項説明書の説明並びに交付は、どの時点で行われるべきでしょう。
    本来、宅地建物取引業法の定めでは、契約の前までには行われなければ
    ならない、と記されています。現場ではどうでしょうか?殆ど場合、直前
    に行われています。尚且つ、専門用語のオンパレードで外国語を聞いてい
    るかな?と思われるほど意味が解らず、記名押印されていると思います。
     誰の為に行っている「重要事項説明」なのでしょうか。契約に至るまでに
    充分な説明と、資料等で理解してもらい補足的な意味合いで「重要事項説明」
    をされ、納得されてから次の手続きに入るべきだと考えます。
     本来であれば購入する意思を固めてから出来るだけ早く重要事項説明を
    受ける事も一つの方法です。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>
    動画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    はじめての土壌汚染と不動産評価
    はじめての土壌汚染と不動産評価 (JUGEMレビュー »)
    森島 義博, 松坂 総一郎
    土壌汚染はどのようなものか、土壌汚染に関して担保評価を含む不動産の評価はどう考えるべきなのか、土壌汚染による社会的影響はどのようなものか。ポイントを絞って平易に解説する。
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM