<< 宅地建物取引業法第35条 重要事項説明書2 免許 | main | 懇親会 >>

宅地建物取引業法第35条 重要事項説明書2 免許2

0
    宅地建物取引業法第35条 重要事項説明書
    免許については前段で御説明してありますが
    大臣免許・知事免許の次に( )がついて
    います。例えばイエステーション水戸南店
    有限会社ランドワークスの免許番号は
    茨城県知事(3)5216号となっています。
    (3)とは免許の更新を3回重ねています。
    との表記です。車の更新と同様、現在は5年
    に一度の更新が定められています。
    では(10)ですと50年?イイエ違います。
    当初は3年に一度でしたが平成10年頃に
    5年に一度に改正されています。ただ、社歴が
    長い事には間違いはありません。
     でも、( )内の数字が大きい事と、取引の
    安全性、お客様に対するサービスとの関連は
    ありません。社歴が少なくても立派な会社は
    沢山あります。
     余談ですが、管轄官庁に出向けばその不動産
    会社が過去に「業法違反」を行っていたか、否か
    を知ることできます。重大な違反は「免許停止」
    とかの事実も載っているでしょう。
     ( )書きの説明を知ることで、不動産会社
    の説明方法が「お客様の立場」で説明されているのか
    不動産会社が仕方なく説明しているのか一つの判断
    材料になると考えます。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    動画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    はじめての土壌汚染と不動産評価
    はじめての土壌汚染と不動産評価 (JUGEMレビュー »)
    森島 義博, 松坂 総一郎
    土壌汚染はどのようなものか、土壌汚染に関して担保評価を含む不動産の評価はどう考えるべきなのか、土壌汚染による社会的影響はどのようなものか。ポイントを絞って平易に解説する。
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM