<< イエステーション勉強会 | main | POWER TO JAPAN >>

宅地建物取引業法35条書面 重要事項説明

0
    宅地建物取引業法 第35条

    不動産を購入する時の殆どは「宅地建物取引業者」
    所謂、不動産業者を利用されると思います。
     その中で「重要事項の説明」が義務付けられています。
    お客様は当然、不動産用語並びに法令については
    知る由もありません。充分理解されるよう、説明しなければ
    なりません。
     「重要事項説明書」は不動産業者の良し悪しを判断する
    最後の砦となります。不動産の物件(購入される不動産)
    の現在状況を様々な法令に違反していないか、又は将来
    の事業計画を遂行するのに弊害は無いかを判断する材料
    となります。
     殆どの業者は契約の直前に行われ、断る雰囲気は
    持ち合わせていない状況が多々見受けられます。
     バブルの頃は「重要事項説明」に費やされる時間を
    いかに、短時間で行うか!を考えていました。考えている
    間に買主さんの気が変わったらどうしよう?なんて考えると
    うやむやにしながら重要事項説明を行い、何と無く「契約」
    に持ちこむ、って感じが横行していました。
    しかし、昨今の風潮は少し変化しています。例えば
    「イエステーション水戸南店」では出来るだけ事前に
    重要事項の説明を行っています。また、御案内の
    時点で重要事項説明書に添付するものと同じ書式を
    お渡しする事ができます。個人情報等も含まれる内容に
    ついては、御購入希望者との面談によってお渡しする
    事があります。
     重要事項説明を頑なに拒否するか、誤魔化そうとする
    そぶりがある場合、物件には問題がなくても、不動産
    業者自身に問題が潜んでいます。
     不動産購入の最後の岐路は「重要事項説明書」です。
    その内容は重要ですから充分理解されるようお願いします。
    不事実が無くても自己責任を取らされる時代です。
    お気をつけ下さい。
     

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
    動画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    はじめての土壌汚染と不動産評価
    はじめての土壌汚染と不動産評価 (JUGEMレビュー »)
    森島 義博, 松坂 総一郎
    土壌汚染はどのようなものか、土壌汚染に関して担保評価を含む不動産の評価はどう考えるべきなのか、土壌汚染による社会的影響はどのようなものか。ポイントを絞って平易に解説する。
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM